よろしくお願いします!スタッフの紹介です


ヨシ矢野(Yoshi Yano)

JSDC主宰・JSDC東京講師

ニューヨークで23年間舞踊活動を続け、アメリカ唯一の社交ダンスカンパニー「アメリカンボールルームシアター」を含むさまざまなニューヨークの舞踊団、ミュージカル劇団の一員として全米、ヨーロッパ、日本での公演を果たす。

パーティなどで日常的に楽しめるアメリカンスタイルの社交ダンスを教えるジャパンソーシャルダンスクラブをNYにて9年間主宰後、2003年に東京へ活動の場を移す。

現在、講師、振り付け師、パフォーマーとして活躍中。元「劇団四季」ペアダンス講師。インペリアルソサエティオブティーチャーオブダンシング(ISTD)会員。アメリカンペアダンス協会会長。日本アルゼンチンタンゴ連盟会員。

                                     ダンシングクラスルームジャパンディレクター、DVD出版多数、


小倉幸通(Yukimichi Ogura)

JSDC東京講師

ジャズダンス歴7年。舞台(「結婚詐欺株式会社」など)、テレビドラマ(2時間ドラマなど)、CM(バンテリンなど)のダンスシーンに出演。2005年より2010年まで、JSDTメンバーとしてパーティやイベントで公演を続ける。2016年アルゼンチンタンゴダンスアジア選手権大会第7位。そのほか、レッスンDVDなどに出演。

 

 


宮城裕美子(Yumiko Miyagi)

JSDC東京講師

11歳からジャズ、タップダンスを始める。高校と大学で、演技、声楽、バレエ、日舞、コンテンポラリーやスペイン舞踊など、様々な踊りを学ぶ。卒業後、大手テーマパークにて数多くのステージショーに出演。

またNHKコンサートやシアターダンスショー、イベントなどにも出演を続けている。JSDCにてアメリカンスタイル社交ダンスを学び、現在インストラクター、パフォーマーとして活躍中。


田実久美子(Kumiko Tajitsu)

JSDC東京講師

ダンスメーカーのチャコット株式会社在職中に、社交ダンスを始め、プロ転向。社交ダンス歴20年。公益財団法人日本ボールルームダンス連盟 1級正会員、一般社団法人東部日本ボールルームダンス連盟所属。教室勤務を経て、社交ダンス講習所にて講師も務めた。

 


柴﨑康二(Koji Shibasaki)

JSDC福岡講師・ディレクター

タレント養成所にて、発声法・演技論・歌唱・洋舞・日舞・殺陣を学ぶ。
福岡大学卒業後、ニューヨークへダンス留学。本場ブロードウェイミュージカルを多数観劇し、アルビンエイリーダンススタジオでモダンダンスを、ブロードウェイダンスセンターでジャズダンスとステージダンスを学ぶ。2004年より東京JSDCにてアメリカンスタイル社交ダンスを学ぶ。CM・舞台・ダンスショー出演、振り付け作品多数。

 

JSDC福岡校サイトへ


財前啓子(Keiko Zaizen)

JSDC福岡校講師

社交ダンス歴17年。4歳からフィギュアスケートを始める。社交ダンスの他ジャズダンス・ラテンダンス・フラメンコを学ぶ。フラメンコ歴14年。ボランティアフラメンコチームのメンバーとして病院・老人施設などを慰問する活動を続ける。また車いすダンスのインストラクターとして障がい者の人たちと舞台の経験も持つ。全日本ダンス協会連合会所属。

 

JSDC福岡サイトへ


ゲストアーティスト

Jose & Aya  (ウエストコーストスウィング)

◼︎Joseph m.logan(通称・ホセ)
1998年からWest Coast Swing(以下WCS)を米国L.Aにて学び始める。2003年に来日、山田峰夫氏に師事。現在はインストラクター、パフォーマンスチームを指導。

◼︎杉平 綾(Aya Sugihira)
1999年からSalsaを始めサンフランシスココングレス等パフォーマンス出演。2005年、WCSに出会い山田峰夫氏に師事。現在はインストラクター、イベントオーガナイザーとして活動中。